【2019年12月26日】部分日食を東京から見れる時間やピークはいつ?見方や方角など注意点も解説!

2019年12月26日に部分日食を観る事ができます。

実は1月にも部分日食を観る事ができた珍しい年でした。

アジア東部や北太平洋などでは金環日食が起こり、日本では太陽の一部が欠ける部分日食が観れます。

北海道や東北、関東では太陽が欠けた状態で日の入りを迎えるレアな夕日を観る事が出来ます。

今回は【2019年12月26日】部分日食を東京・関東から見れる時間やピークはいつ?見方や方角など注意点も解説!と題し

  • 部分日食を東京・関東から見れる時間やピーク
  • 部分日食を東京・関東から見れる方角
  • 部分日食を観る時の注意点

などについて調査したいと思います。

スポンサーリンク

【2019年12月26日】部分日食を東京・関東から見れる時間やピーク

部分日食を東京から見れる時間はいつでしょう?

全国の部分日食の時間を表にまとめてみました。

場所 食の始め 食の最大 食分(%) 食の終わり
札幌 14:32 15:27 0.155 16:05(日の入り)
仙台 14:31 15:33 0.284 16:22(日の入り)
東京 14:29 15:35 0.27 16:34(日の入り)
名古屋 14:26 15:34 0.254 16:33
大坂 14:24 15:32 0.251 16:32
広島 14:20 15:27 0.347 16:29
福岡 14:15 15:25 0.228 16:28
那覇 14:03 15:27 0 16:40
※食分とは月によって覆われた太陽の直径の度合いをいいます。

東京の食の始め時間は「14時29分」食の最大時間は「15時35分」日の入りが「16時34分」約2時間の天体ショーです!

せっかくの機会なので、食始めの時間から観測を始めて部分日食のすべての過程を観測する事をおススメしますが、時間がない場合は、食の最大時間である「15時35分」前位から観測すると部分日食を感じる事ができますよ。

2019年12月26日の部分日食は、東日本の方では日没帯食が見られます。

日没帯食とは、太陽が欠けた状態のまま沈む現象で、とてもレアな現象です。

部分日食は2~3年ごとに1度程見る事ができますが、日没帯食は数十年に1度くらいの間隔になることがある現象です。

東京でも日没帯食を見ることが出来ます!とても楽しみですね!

【2019年12月26日】部分日食を東京・関東から見れる方角

部分日食を東京から見れる方角はどうなのでしょう?

太陽は基本「東→南→西」へ進みます。

2019年12月26日は

日の出 南中 日の入り
6:18 11:31 16:45

となっており、部分日食は

食の始め 食の最大 日の入り
14:29 15:35 16:34

となっています。

南西の方向から食の始めが始まり、西南西の方向の時に食の最大を迎え、そして西の方向へ日没帯食します。

珍しい日没帯食を見逃さないためには、南に障害物がないところで選んで観察すると部分日食の過程を見ることが楽しめますね。

部分日食を観る時の注意点

部分日食を観る時の注意点として絶対にやってはいけないことがあります。

1 それは直接肉眼で観察をする事です。

太陽はたいへん強い光と熱を出しています。安全な方法で観察をしなければ目を痛めたり、最悪の場合失明したりする危険性があります。

専門の観察器具を使うなど、安全な方法で観察をする必要があります。

その他、下記のようなことも目を痛めますので絶対にやってはいけません。

引用:NAOJ

見た目はあまりまぶしく感じなくても、光の遮断が不十分なものや目に有害な波長の光を通しやすいものを使うと、網膜を損傷してしまう危険性があります。

観察用グラスなどを使って安全に観察しましょう。

楽天には日食観察用のグッツが沢山あります。↓

 まとめ

今回は【2019年12月26日】部分日食を東京から見れる時間やピークはいつ?見方や方角など注意点も解説!と題し

  • 部分日食を東京・関東から見れる時間やピーク
  • 部分日食を東京・関東から見れる方角
  • 部分日食を観る時の注意点

などについて調査しました。

先程も触れましたが、太陽は、たいへん強い光と熱を出している天体です。

肉眼で直接太陽を見ると、たとえ短い時間であっても目を痛めてしまいます。

太陽が地平線に近づいて光が穏やかになったように感じても、光と熱は強烈です。

安全な方法で観察しましょう。

次に日本で観れる日食は2020年6月21日に部分日食が見れる様です。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました