2019年オリオン座流星群を東京から見れる方角は?ピークの時間帯や方位も紹介!

こんにちは、

オリオン座流星群は、毎年注目を集める流星群の1つです。

オリオン座流星群は、オリオン座の方向から流星が飛び出してくるように見えることから、このような名前で呼ばれています。

全流星群の中で二番目に速度が速い流星群で、明るい流星が多く有痕率も高くなっているため三大流星群ほど活動が活発ではありませんがとても観測しやすい流星群です。

という事で今回は

  • 2019年オリオン座流星群を東京から見れる方角
  • 2019年オリオン座流星群を東京から見れるピークの時間帯や方位

について紹介します。

スポンサーリンク

2019年オリオン座流星群を東京から見れる方角

基本的に、流星群は四方八方に散らばるように空を駆け抜けていきます。

見られる方角としては全天で見る事ができるので方角を気にする必要はありません。

ただし、流星群を見る時に月明かりがあると見えづらくなります。

なので月を背に向けて反対側の方角を観察すると流星群を綺麗に見る事が出来る一番のポイントとなります。

オリオン流星群が見えやすい場所

周囲に電灯やビルなどの明りがないところ、広く開けた海沿いや山間部が見えやすいです。

市街地でも十分にみる事は出来ます。街灯などが目に入らないような場所、例えばビルの屋上などでも見つける事は出来ますよ。

東京の天体観測スポット

  • 砧公園(世田谷区 用賀)
  • 善福寺川緑地(杉並区 成田東)
  • 目黒天空庭園(目黒区 大橋)
  • 夢の島公園(江東区 夢の島)
  • 武蔵野の森公園
  • 国立天文台
  • 奥多摩湖

この7カ所は星がきれいに見えるスポットとして有名な場所です。

参考までにどうぞ!

スポンサーリンク

2019年オリオン座流星群を中部地方から見れるピークの時間帯や方位

東京から見れるピークの時間帯や方位について見てみましょう

見頃となる時間帯

  1. 10月22日0:00~夜明け
  2. 10月21日0:00~夜明け
  3. 10月23日0:00~夜明け

2019年のオリオン座流星群の活動日程は10月2日~11月7日頃となっています。

極大時間は10月22日AM8時頃がピークですが朝方なので観測は難しいですね。

嬉しいことに、オリオン座流星群は、ピーク期間が4~5日間続く性質があり

10月22日の前後2日間くらいは十分に観測できます!

ただ、気を付けなければならない事があります。

それは月明かりです。

10月21日は、23時前に月が昇ってきます。

翌日22日も、0時前頃に昇ってきます。

なので10月21日または10月22日に観測するなら22時前に観測するか1時過ぎから観測をするのが見えやすいです。

月が出てからのおススメ時間帯は?

オリオン流星群が見頃な時間帯は

  1. 10月22日0:00~夜明け
  2. 10月21日0:00~夜明け
  3. 10月23日0:00~夜明け

まずは月の動きを調べてみます。

10月21日は23時に、東北東から月が出ます。

10月22日は24時に、同じく東北東から月が出ます。

なのでこの時間帯に観測をするならば、東北東を背にしてオリオン座流星群観測をすると良いです。

また0時~4時だと南~西の空に月があると思うので参考にしてみてください。

オリオン座流星群はオリオン座の左側、ふたご座との間をを放射点として流星が出現します。

正確にいうとオリオン座とよりは、ふたご座の足元付近から出現します。

大阪の場合、オリオン座は東の空に浮かびますが流星はあらゆる方角で同じくらいの数が見られるので、放射点の方角はあまり気にせず月が見えない方向を眺める事が数多く見られるコツですね。

下の映像は去年のオリオン座流星群です。

スポンサーリンク

オリオン座流星群は彗星のゴミ?

日本で毎年秋に見ることができる「オリオン座流星群」。

三大流星群といわれる「しぶんぎ座流星群」「ペルセウス流星群」「ふたご座流星群」に次ぐ、もしくは並ぶといわれるほど、多くの流星の出現が期待される流星群です。

流星群とは宇宙の塵(チリ)だと知っていましたか?

「オリオン座流星群」の母天体は、あの有名なハレー彗星です。

ハレー彗星は大体76年の周期で地球に接近するのですが、たくさんの粒状の塵を放出しながら楕円形の軌道を描いています。

ハレー彗星の軌道と地球の軌道が交差した時に、塵の粒が地球の大気圏に激突し高温になって光を放つ様になります。

これが流星群です。

地球がハレー彗星の軌道を通る日はほぼ決まっているので毎年同じ時期に流星群が見られるんですね。

スポンサーリンク

天体観測の注意点

10月も夜になると結構冷え込みます。

観測の際は、レジャーシートの下にに断熱マットを引いたり

毛布やダウンコート、手袋などの防寒対策をしましょう

また温かい飲み物などもお忘れなく。

楽天では天体観測時の防寒対策グッズが沢山あります。

 

まとめ

今回は

  • 2019年オリオン座流星群を東京から見れる方角
  • 2019年オリオン座流星群を東京から見れるピークの時間帯や方位

について紹介しました。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました