新年一般参賀2020年の待ち時間は?参加人数や混雑を回避できる時間帯も調査!

2020年の新年一般参賀は令和になって初めての一般参賀です。

例年、とても賑わいますが、2020年もかなりの混雑が予想されます。

特に今上天皇が始めての新年のお言葉があるという事で、混雑は間違いないでしょう。

今回は新年一般参賀2020年の待ち時間は?参加人数や混雑を回避できる時間帯も調査!と題して

  • 新年一般参賀2020年の待ち時間は?
  • 新年一般参賀2020年の参加人数
  • 新年一般参賀2020年の混雑を回避できる時間帯

などについて調査したいと思います。

スポンサーリンク

新年一般参賀2020年の待ち時間は?

天皇皇后両陛下が、お出ましになるのは長和殿ベランダに5回の予定です。

日程 : 令和2年1月2日

  • 第1回:午前10時10分頃
  • 第2回:午前11時00分頃
  • 第3回:午前11時50分頃
  • 第4回:午後1時30分頃
  • 第5回:午後2時20分頃

1回のお出ましは5分です。

参入時間は9:30からです、参入は並んだ順にできるので早めに並ぶに越したことはありません。

去年は開門時には約5万人が並んでいました、1回の参賀数は3万人位ですから、9:30位に並ぶと第2回(11:00頃)に案内されます。

毎年、たくさんの「皇族ファン」の方などが早くから並びますので、1回目の最前列を狙うのであれば早朝には皇居付近に行かなければなりません。

ニュースで流れる、一般参賀の先頭で入場する方のインタビューを聞くとやはり夜中から早朝にかけて並び始めたと言っています。


「最前列じゃなくてもいいよ」とか「第1回目じゃなくてもいいよ」という方であれば、早朝からでなくてもOKですね。

ということで、待ち時間はどれくらいが予想してみました。

  • 1回目(10:10)参賀の方:3~4時間
  • 2回目(11:00)参賀の方:2時間~3時間
  • 3回目(11:50)参賀の方:2時間
  • 4回目(13:30)参賀の方:1.5時間
  • 5回目(14:20)参賀の方:1.5時間

はやり1回目は人気があります。確実に1回目を狙うなら7:00までには並ぶ事をオススメします。

更に最前列を狙うなら5:00までには並びたいですね。

ここ数年は、皇居敷地内に入るまでの入場待ちの列で40分ほど、長和殿の前でどの回もだいたい40分弱ほどまちます。

宮内庁HPには皇居前広場から正門(二重橋)までに2時間以上かかる場合があると案内されています。

一般参賀が基本的には入れ替え制ですが、何度も参加したい方もいらっしゃいます。

その方は帰りませんので、入れ替えのタイミングで前の方に進んで次の回を見ます。

なので午後の参賀を希望の方が時間ギリギリに来ると混雑のため時間に間に合わず、お目見えに立ち会えなく可能性もあります。

またお目見えに立ち会えたとしても、長和殿の後ろの方に並ぶことになりますから、遥か向こうで豆粒サイズの皇室ご一家をのぞむ事になります。

最後の回での参賀希望の方は最低でも13:00までには並んだほうがいいですよ。

お正月の一般参賀は寒い中を長時間並ぶことになります。

昼頃に並ぶ方も防寒対策をしっかりましょう、風邪などに気を付けてください!

新年一般参賀2020年の参加人数

新年一般参賀に参加する方はどれくらいいるのでしょうか?

過去の参賀者数をまとめてみました。

参賀者数
平成17年 75,080人 平成25年 78,760人
平成18年 50,210人 平成26年 81,540人
平成19年 68,830人 平成27年 81,030人
平成20年 79,610人 平成28年 82,690人
平成21年 75,790人 平成29年 96,700人
平成22年 79,290人 平成30年 126,720人
平成23年 77,110人 平成31年 154,800人
平成24年 70,770人

上皇様が退位をご表明された後は、参加に10万人以上が参加されています。

新天皇即位時の一般参賀では、14万人が参加されました。

2020年の新年一般参賀も14万人を超えるのではないかと予想します。

かなりの混雑が予想されます、大きな手荷物などは邪魔になりますし、他の方の迷惑にもなりますので、あまり持たない方が良いです。

昨年13:30位の新年一般参賀に参加した方に聞いたのですが、まともな立ち位置さえもキープするが難しいぐらいの人で、まさしく野外フェスの「モッシュ」状態だったそうです。

参賀には高齢の方もいらっしゃいますから、マナーは守るようにしたいですね。

新年一般参賀2020年の混雑を回避できる時間帯

混雑を回避できる時間帯は午後からの

  • 第4回:午後1時30分頃
  • 第5回:午後2時20分頃

が混雑を回避できます。

午前中の回は1回目に入れなかった方が2回目に、2回目に入れなかった方が3回目にと、どうしても混雑してしまします。

特に3回目(11:50)は次が13:30と間が開くので11:50の回に参賀したい方が多く混雑します。

午後からの回は午前中の混雑に比べると回避できます。

しかし、気をつけることがあります。

それは受付終了時間です。

受付終了は13:45です。

受付終了時間を過ぎると、列に並ぶことは出来ません。

宮内庁HPには「参入門の閉門時刻は14:10」と記載されていますが、手荷物検査などの時間も入れ13:45には受付を終了しますので気を付けてください。

 

2019年は6回の参賀がありましたが、最終組が2時間待って皇居内に入ったものの、最終の参賀は終了していたそうです。

ところが両陛下の強い希望で突然7回目のサプライズお出ましがあり、両陛下の粋な計らいに大きな拍手と歓声がやまなかったそうです。

その時の動画を発見しました。

新年一般参賀2020年オススメの参賀時間

おすすめの参賀時間は第2回目の11:00を狙うといいでしょう。

第1回目のお出ましについては、多くの根強い皇室ファンの方々が早朝から並んでいます。

また、お昼の第3回目(11:50位)の前はかなり混雑します。

なので、第1回目と第3回目の間である11:00を狙います。

11:00時を狙うと万が一、次にズレても11:50には参賀できます。

1時間以上は並ぶ事になりますから9:30には並びたいですね。

昼からの第4回(13:30頃)と第5回(14:20頃)に比べると混雑は避けれませんが、確実に参賀できると思います。

まとめ

今回は新年一般参賀2020年の待ち時間は?参加人数や混雑を回避できる時間帯も調査!と題して

  • 新年一般参賀2020年の待ち時間は?
  • 新年一般参賀2020年の参加人数
  • 新年一般参賀2020年の混雑を回避できる時間帯

などについて調査しました。

注意点としましては

  • 確実に1回目を狙うなら7:00までには並ぶ
  • 更に最前列を狙うなら5:00までには並ぶ
  • 皇居前広場から正門(二重橋)までに2時間以上かかる場合がある
  • 最後の回での参賀希望の方は最低でも13:00までには並ぶ
  • 大きな手荷物などは邪魔になるし、他の方の迷惑にもなる
  • 受付終了時間(13:45)を過ぎると、列に並ぶことは出来ない
  • 混雑を避けるなら第4回(13:30頃)と第5回(14:20頃)がベター
  • オススメの参賀時間は第2回(11:00)

などがあります。

上にも書きましたが、お正月の一般参賀は寒い中を長時間並ぶことになります。

昼頃に並ぶ方も防寒対策をしっかりましょう、風邪などに気を付けてください!

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました