サーフボードストレッチのお笑い経歴や会社などプロフ!コンビニネタの曲名も調査

芸能・ゴシップ

お笑い芸人の「サーフボードストレッチ」が話題になっています。

独特の音ネタでジワジワと人気が出ていて、過去には「音ネタ王決定戦2019」で準優勝したこともある実力コンビです。

調べていくと他の芸人さんとはちょっと違う経歴を持っている事が分かりました。

今回はサーフボードストレッチのお笑い経歴や会社などプロフ!コンビニの曲名も調査と題して

  • サーフボードストレッチのお笑い経歴や会社などプロフは?
  • サーフボードストレッチのコンビニネタの曲名は?

などについて調査したいと思います。

スポンサーリンク

サーフボードストレッチのお笑い経歴や会社などプロフは?

サーフボードストレッチは「ハシケン」さんと「たかしょー」さん2人で活躍するお笑いコンビです。

それではプロフィールから紹介します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

サーフボードストレッチ(@surfboardstretch)がシェアした投稿

 

サーフボードストレッチ

所属事務所:フリー

【写真左】ハシケン

  • 本名:橋本 健一郎(はしもと けんいちろう)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1994年3月11日
  • 身長:170cm
  • 血液型:A型
  • 出身地:東京都小平市
  • 趣味:プロレス観戦
  • 好きなアイドル:日向坂46

 

【写真右】たかしょー

  • 本名:高橋 翔(たかはし しょう)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1993年10月15日
  • 身長:178cm
  • 血液型:B型
  • 出身地:神奈川県横浜市
  • 趣味:スニーカー収集
  • 好きなタレント:仲里依紗

サーフボードストレッチはどこの芸能事務所にも所属していないフリーの芸人です。

そしてなんと、2人は平日IT企業で働く現役の会社員なのです!

 

2人は早稲田大学に通っていた高学歴コンビで、大学にあるお笑いサークル「お笑い工房LUDO」にてコンビを結成しました。

大学お笑いサークル日本一を決める「NOROSHI」では”チーム世界湯”のメンバーとして優勝するなど華々しい経歴を持っていて、在学当時から注目されていた存在です。

お笑い工房LUDOの同期には、ワタナベエンターテインメントに所属しているトイストーリーのウッディや阿部寛、大泉洋などのモノマネで話題になっているラパルフェ(元リレンザ)やにゃんこスターのアンゴラ村長らがいます。

「お笑い工房LUDO」時代に、たかしょーさんは、にゃんこスターのアンゴラ村長と「御飯をよそう妻、見つめる俺。」というコンビを組んでいました。

 

そしてフジテレビのお笑いバラエティ番組「ネタパレ」に出たことにより、今までサーフボードストレッチを知らなかった人たちが、その存在に気づき一、躍有名になりました。

披露したコンビニのネタは、ドアに挟まれた後のコミカルな動きが小さい子供などにも人気になりました。

かわいいですね~

ちなみに私の子供たちもずーと真似していますw

今後の活躍が楽しみですね!

サーフボードストレッチのコンビニネタの曲名は?

サーフボードストレッチがネタで使用している曲が気になりますよね。

ということ調べてみました!

「コンビニ」

曲名 Walkie Talkie(ウォーキートーキー)
歌手 King Kong & D. Jungle Girls(キング・コング&ジャングル・ガールズ)

 

「将棋」

曲名 Boom Boom Dollar(ブンブンダラー)
歌手 King Kong & D. Jungle Girls(キング・コング&ジャングル・ガールズ)

 

 

「舞子はん」

曲名 Don’t stop the music (ドント・ストップ・ザ・ミュージック)
歌手 LOU GRANT

 

どの楽曲もネタに合っているいえば合っていると思います。

サーフボードストレッチが更に有名になったら、この曲たちも有名になりそうですね!

また、学園祭や忘年会のネタでも使えそうですね~

まとめ

今回はサーフボードストレッチのお笑い経歴や会社などプロフ!コンビニの曲名も調査と題して

  • サーフボードストレッチのお笑い経歴や会社などプロフは?
  • サーフボードストレッチのコンビニネタの曲名は?

などについて調査しました。

  • 二人はIT企業に勤務するフリーの高学歴芸人
  • 大学時代にチーム世界湯としてお笑い大会優勝
  • コンビニネタの曲はWalkie Talkie

などがわかりました。

今からどんどんと人気が出てくるコンビになると思います。

今後もメディアにジャンジャン出てもらって、世の中に笑いを届けてもらいたいと思います。

今後も応援していきたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました