ビクターロック祭り2020出演者アーテイスト一覧!出演者別に見やすい場所も調査

ビクターロック祭り2020が2020年3月20日に開催されます。

今年で7回目の開催となるこのフェスは、ビクターエンタテインメントに所属する、日本のロックアーティストが幕張メッセ国際展示場に集結し最高のパフォーマンスを披露します。

会場には2か所のステージが準備され、観客も12,000人を収容する日本を代表するビック音楽イベントになっています。

今回はビクターロック祭り2020出演者アーテイスト一覧!出演者別に見やすい場所も調査と題して調査したいと思います。

スポンサーリンク

ビクターロック祭り2020出演者アーテイスト一覧

2020年の出演者アーティストを紹介します。

  • DJやついいちろう
  • 四星球
  • KEYTALK
  • GRAPEVINE
  • くるり
  • ウルフルズ
  • サンボマスター
  • サカナクション
  • zo-sun park
  • SANABAGUN.
  • 夜の本気ダンス
  • Yogee New Waves
  • ORIGINAL LOVE
  • DJダイノジ

私が選ぶ今年の注目は「四星球」です。

今回はビクターロック祭りの宣伝部長に任命されました。

四星球は日本を代表するコミックバンドで、ステージでは「ハッピ」に「フンドシ」姿で演奏をします。

通常コミックバンドは、面白おかしい歌詞や滑稽な仕草などで笑いを誘う事を得意としているのでコミカルな曲が多くなるのですが、四星球はコミックバンドなのに良い曲を作るんです!

もちろん笑いも抜群なステージを披露しますが、よく聴くと歌詞がいいんです。

また個々の演奏力も高く、バンド演奏も綺麗にまとまっています。

コミックバンドなのに笑えるだけでなく感動的でエモいライブを見せてくれるのが四星球!

彼らのステージは大注目です!

 

毎年ビクターロック祭りへの出演をかけた「ワン!チャン!!」オーディションを事前に行っていて、グランプリを獲得したミュージシャンも追加参加します。

グランプリ発表は2月下旬です、分かり次第お知らせしますね、2019年は「zo-sun park」がグランプリを獲り出演しています。

ビクターロック祭り2020出演者別 見やすい場所

今年もメインステージが「BARK STAGE」「ROAR STAGE」に分かれています。

どちらのステージも甲乙つけがたいラインアップで、間違いなくステージ前はごった返す事でしょう。

1番よく見える方法としては音楽プレジェクトサイト「WIZY」限定で発売されるVIPチケットを購入すると専用エリアで観覧することができるので、値段は張りますがよく見えます。

WIZYチケット→https://wizy.jp/project/322/

私がよく使う手は、お目当てのアーティストのステージになったら前の人に「前に行かせて下さい」と声をかけながら移動すると意外と、前へ移動できるもんです。

ビクターロック祭りは2つのステージが被らないタイムスケジュールになっていて、片方が演奏時にはその片方の大画面モニターでライブ映像が流れるのでわざわざ移動しなくても十分に盛り上げれます。

どちらにせよ、周りの人に声をかけながらがマナーですね。

今年のエリアマップはまだアップされていませんので、去年のを載せておきます。

今年もほとんど同じになると思います。

引用:ビクターロック祭りHP

ビクターロック祭り2020出演者タイムテーブル

2月8日にタイムテーブルが発表されました。

引用:ビクターロック祭りHP

2020年の特徴は去年に比べ、演奏時間が長くなった事でしょう!

「BARK STAGE」出演アクトの演奏時間が2019年開催比で約150%増に、「ROAR STAGE」出演アクトも130%増と大幅に拡大されました。

全出演アクトを裏かぶりナシのタイムスケジュールが組まれています!嬉しい~!

始めに「オープニングDJやついいちろう~KEYTALK~四星球と怒涛の“ロック祭り”」でスタートを切ります。

また、KEYTALKのライブ前には「ビクターロック祭り2020宣伝部長」四星球による開会宣言があり、何が飛び出すのか!

とても期待が膨らみます!

そして「ROAR STAGE」のトリはロックレジェンドである、ビクターロック祭り初出演の「ORIGINAL LOVE」が務め、一方「BARK STAGE」のトリは2019年に待望のアルバムをリリースした「サカナクション」が担当します。

頭からトリまで見どころが盛りだくさんの「ビクターロック祭り2020」になっています、早めの来場をした方がいいですね!

まとめ

今回はビクターロック祭り2020出演者アーテイスト一覧!出演者別に見やすい場所も調査

と題して調査しました。

今年の出演者は皆さん盛り上げ上手なアーティストばかりなので、すべてのステージが見どころです。

また、キッズスペースや屋台スペースなど、家族で楽しめる仕掛けもたくさんあります。

サマソニなどに比べると小ぢんまりしたフェスですが、熱気は他フェスと比べても全く引けを取りません。

そんなビクターロック祭りに是非足を運んでみてください、きっと素敵な時間が過ごせると思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました