【2020年】台風10号の現在地リアルタイム情報!進路予想も調査

小笠原近海で台風10号が発生しました。

台風10号は日本列島に近づく予想で、近づいても、勢力を維持または発達を続けると考えられています。

しかも、台風に発生後はなったあとはかなりの発達が予想され、台風9号と同様かそれ以上になってもおかしくありません。

最悪のケースに備えた早めの対策が必要です。

台風の進路は刻々と変化しますので、こまめにチェックする事が大切です。

そこで、このページでは【2020年】台風10号の現在地リアルタイム情報!進路予想も調査と題して、台風の進路などをリアルタイムで更新していきます。

追記:2020年9月3日17:00

スポンサーリンク

【2020年】台風10号の現在地リアルタイム情報!

リアルタイムで台風の位置を確認するにはwindyという無料サイトで確認すると分かりやすいです。

色別でハッキリと分かりやすくなっているので、台風の位置もすぐにわかります。

【windy】リアルタイム画面の使い方

  • 見たい地域をずらす→画面をスワイプ
  • 今後の進路予測を見る→時刻を動かす

時刻を動かすことで台風の到着時間や場所が予想できます、活用してみて下さい。

【2020年】台風10号の進路予想

台風10号の進路予想です。

 

 

 

9月3日(木)9時現在、台風10号(ハイシェン)は日本の南の海上を西よりに進んでいます。

海面水温が記録的に高い上、上空の風などの発達の条件が揃っているため、急速に勢力を強めており、衛星画像では台風の雲の渦が非常に明瞭です。

明後日5日(土)には「猛烈な」勢力まで発達する予想となっています。

 

台風は引き続き北西に進みながら発達を続け、5日(土)に「猛烈な」勢力で南大東島近海を通過、奄美に近づく6日(日)が発達のピークで中心気圧は915hPa、最大瞬間風速は80m/sの予想です。

台風の進路に近い島々では過去にないような荒天のおそれがあります。

その後、7日(月)にかけて勢力をあまり落とさず九州に接近する見込みです。

接近時の勢力は過去最強クラスで、特別警報の発表基準に達するほどです。

これだけの勢力で近づけば上陸しなくても、甚大な被害につながる危険性があります。

最悪のケースを想定して極力早めに台風への備えを行うようにしてください。

引用:yahooニュース

気になるのは、台風の強さ。

進路にあたる領域の海面水温が30℃以上と非常に高いため、台風になったあとはかなりの発達が予想されます。

台風9号と同様かそれ以上になってもおかしくありません。

注意が必要です。

また台風の影響で、停電のリスクも高くなっています。

九州を中心に広い範囲で停電リスクが高くなる見込みですので注意が必要です。

まとめ

このページでは【2020年】台風10号の現在地リアルタイム情報!進路予想も調査と題して

  • 【2020年】台風10号の現在地リアルタイム情報! 
  • 【2020年】台風10号の進路予想

についての情報を紹介しています。

稀に見る勢力の強い台風となる見込みです、進路など小まめにチェックして、災害などに備えておくようにしてください。

特に現段階で上陸が予想されている南九州在住の方は、早めの対策や準備を行う必要があります。

 

また、新しい進路情報が入り次第、追記していきます。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました