【2020年】台風12号(ドルフィン)現在地リアルタイム情報!進路予想も調査

2020年9月21日、日本の南で発達中の熱帯低気圧が台風12号(ドルフィン)になりました。

本州の南に停滞する秋雨前線と作用し、東日本や西日本で大雨となるおそれがあります。

そうなると気になるのは台風の進路です。 


台風の進路は刻々と変化しますので、こまめにチェックする事が大切です。

そこで、このページでは【2020年】台風12号(ドルフィン)現在地リアルタイム情報!進路予想も調査と題して、台風の進路などをリアルタイムで更新していきます。

スポンサーリンク

【2020年】台風12号(ドルフィン)現在地リアルタイム情報!

リアルタイムで台風の位置を確認するにはwindyという無料サイトで確認すると分かりやすいです。

色別でハッキリと分かりやすくなっているので、台風の位置もすぐにわかります。

【windy】リアルタイム画面の使い方

  • 見たい地域をずらす→画面をスワイプ
  • 今後の進路予測を見る→時刻を動かす

時刻を動かすことで台風の到着時間や場所が予想できます、活用してみて下さい。

【2020年】台風12号(ドルフィン)進路予想

台風12号(ドルフィン)の進路予想です。

台風の中心気圧は998ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートルで、ゆっくりとした速さで北に進んでいる。

台風はあす22日(火・秋分の日)から23日(水)にかけても北上を続ける見込み。

台風はその後、温帯低気圧に変わる予想だが、24日(木)午前には日本列島に近づく可能性がある。

台風もしくは温帯低気圧が近づく前の段階から、日本の南に停滞する前線の影響で、西・東日本の太平洋側を中心に雨の強まるおそれがある。

今後も、最新の気象情報に注意が必要だ。

引用:yahooニュース

九州の東から本州へ近づく進路で、24日には和歌山県に上陸する予想です。

しかし上陸前には、温帯低気圧に変わる予想となっています。

西日本や東日本では23日から25日にかけて荒れた天気となるおそれがあります。

また、台風の北上に伴って前線の活動が活発となるので、西日本から東日本の太平洋側を中心に大雨となるおそれがあります。

早めの台風対策と準備をお願いします。

まとめ

このページでは【2020年】台風12号(ドルフィン)現在地リアルタイム情報!進路予想も調査と題して

  • 【2020年】台風12号(ドルフィン)現在地リアルタイム情報! 
  • 【2020年】台風12号(ドルフィン)進路予想

についての情報を紹介しています。

前回の大型台風の9号に比べると、勢力の弱い台風となりそうですが、荒れた天気となりますので注意が必要です。

また、新しい進路情報が入り次第、追記していきます。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました