藤本京太郎の高校など在日の噂は本当?ボクシングやK1の戦歴も調べてみた!

プロボクシング選手の藤本京太郎選手が注目されています。

藤本京太郎選手はもともとK1で大活躍をしていましたが、ボクシングに転向後もメキメキと力をつけて勝利数を重ねています。

今回は藤本京太郎の高校など在日の噂は本当?ボクシングやK1の戦歴も調べてみた!と題し

  • 藤本京太郎の高校など在日の噂は
  • 藤本京太郎の ボクシングやK1の戦歴

などについて調査してみました。

スポンサーリンク

藤本京太郎の高校など在日の噂は

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kyotaro Fujimoto 藤本京太郎(@kyotaro.0623)がシェアした投稿

まず、藤本京太郎選手の出身高校はどこなのでしょう?また在日の噂は本当なのでしょうか?調べてみましょう。

藤本京太郎の出身高校

藤本京太郎選手の出身高校について調べてみましたが、高校名に関する情報はありませんでした。

藤本京太郎選手は大阪府大阪市住之江区の出身なので、府内の高校である可能性は高いです。

住之江区周辺の高校を検索すると

  • 大阪市立住吉商業高校
  • 港南造形高校
  • 金剛学園高校
  • 咲州高校

などがありますが、公表されていませんのでプライベートもありますから、ここまでにしておきます。

在日の噂は本当?

ネット上で「藤本京太郎選手は在日である」という噂が流れています。

本当なのでしょうか?

色々と調べたところ、藤本京太郎選手は大阪府大阪市住之江区の出身で生粋の関西人です。

在日の情報ななく、生まれながらの日本人ですね。

試合中の目立つパフォーマンスや真っ赤に染めた髪などは関西人だなぁと感じますね。

顔立ちがどことなく「チェ・ホンマン」に似ているので、そのような噂が流れたのかも知れません!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kyotaro Fujimoto 藤本京太郎(@kyotaro.0623)がシェアした投稿

藤本京太郎のボクシングやK1の戦歴

藤本京太郎選手はボクシングで活躍していますが、もともとはK1の選手として活躍していました。

しかも日本人史上初のK-1重量級世界王者でもあります。

まずはK-1の戦歴から調べてみましょう。

K-1の戦歴

  • 2006年5月 デビュー戦で花田淳一にKO勝利
  • 2007年5月 K-2 GRAND PRIX 第18回全日本新空手道選手権大会 優勝
  • 2007年8月 K-1 YOUNG JAPAN GPトーナメント 優勝
  • 2007年12月 チームドラゴン主催イベントで KO勝ち
  • 2008年4月 K-1 WORLD GP 2008 IN YOKOHAMA 判定勝ち
  • 2008年6月 K-1 JAPAN GP 準優勝(初黒星)
  • 2009年3月 第2代K-1ヘビー級王者決定トーナメント 優勝
  • 2009年9月 K-1 WORLD GP 2009 IN SEOUL FINAL16 判定負け
  • 2010年4月 K-1世界ヘビー級タイトルマッチ KO勝ち
  • 2010年10月 K-1 WORLD GP 2010 IN SEOUL FINAL16 勝利
  • 2010年12月 K-1 WORLD GP 2010 FINAL 準々決勝で判定負け
  • 2010年12月 Dynamite!! 判定負け

日本人初の重量級の世界王者という輝かしい功績があり、またあのマイティ・モーに勝利したなんて本当にスゴイ選手です。

2011年にプロボクサーへ移行、10月に角海老宝石ボクシングジムへ入門しました。

ボクシングの経歴

  • 2011年12月 マイケル・オドネルに判定勝ち
  • 2012年3月 金在贊にKO勝ち
  • 2012年5月 アファ・タトゥプにKO勝ち
  • 2012年6月 クラレンス・ティルマンにKO勝ち
  • 2012年9月 チャウンシー・ウエリバーに判定勝ち
  • 2012年12月 ソロモン・ハウモノにTKO負け
  • 2013年4月 ファブリス・オーレンにTKO勝ち
  • 2013年7月 オケロ・ピーターにTKO勝ち(日本ヘビー級王座獲得)
  • 2013年11月 竹原虎辰に判定勝ち
  • 2014年4月 石田順裕に判定勝ち
  • 2014年9月 竹原虎辰にTKO勝ち
  • 2014年12月 ダビド・ラデフに判定勝ち
  • 2015年4月 石田順裕に判定勝ち
  • 2015年10月 デビッド・トーレス・ガルシアにKO勝ち
  • 2016年4月 ネイサン・マッケイに判定勝ち
  • 2016年8月 アダム・ラブロックにTKO勝ち
  • 2017年1月 ウイリー・ナッシオに判定勝ち(OPBF東洋太平洋ヘビー級王座獲得)
  • 2017年5月 ヘルマン・パーセルにTKO勝ち(WBOアジア太平洋ヘビー級王座獲得)
  • 2017年11月 ランドール・レイメントにKO勝ち
  • 2018年5月 アーロン・ラッセルにTKO勝ち
  • 2018年9月 スタット・カラレットにTKO勝ち
  • 2019年10月 スタット・カラレットにTKO勝ち

21勝1敗とすごい戦歴です、今後も日本人では数少ないヘビー級でのタイトル獲得に期待しちゃいます。

2019年12月21日にダニエル・デュボアと対戦することが決まっています。

デュボアに勝利すると、WBOインターナショナル王座WBC同級シルバー王座を獲得する事ができます!

是非勝利してもらいたいですね!

藤本京太郎のエピソード

藤本京太郎選手がプロの格闘家を目指そうと思ったのは「最強の男」になるためじゃなく「有名になりたい」だそうです(笑)

格闘技は3歳から始めていて、インタビューでは次のように答えています。

空手を始めたのが3歳の時で、きっかけは、姉にいじめられているのを見た両親が、精神面を鍛える目的で僕を近所の道場に入門させたことだったんですよ。そこがかなり厳しくて。友達が遊んでいる横で、ロードワークしたり、サンドバック打ったりもしてましたね。
格闘技の道に進もうと決意したのは中学に入ってからでした。学園祭で人前でパフォーマンスするのが楽しくて、『人前に出ることが仕事になったらどんなに素敵だろう。テレビに出て、人に認められるような人間になりたい』、そう思ったんです。で、そのためにどうしたらいいんだろうって考えたんですよ。その時に、一番の近道は〝格闘技〟だと直感したんです。

引用:アチーブメントHP 

一番の近道が「格闘技」だという発想は小さい頃からの空手で培われてきたのだと思います。

結果でも着々と存在感を出していますので、是非多くのタイトルを手にしてもらいたいですね

まとめ

今回は藤本京太郎の高校など在日の噂は本当?ボクシングやK1の戦歴も調べてみた!と題し

  • 藤本京太郎の高校など在日の噂は
  • 藤本京太郎の ボクシングやK1の戦歴

などについて調査してみました。

メキメキを力をつけてきている藤本京太郎さん、今や日本だけではなく世界が大注目している選手です。

今後の活躍に目が離せません、今からも応援し続けたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました