【2019プレミア12】NPB外国人選手一覧まとめ!注目選手や各国順位を予想!

4年に1度の野球の国際大会【WBSCプレミア12】

WBSCプレミア12とは、WBSC世界ランキングの上位12カ国のチームが対戦し、世界一の国を決める大会です。

2015年の第1回大会は、日本と台湾の共同開催で、韓国が優勝しました。

第2回大会は2019年11月2日~2019年11月17日の期間に開催されます。

12カ国の代表メンバーがそれぞれ発表されました。

現在NPBに在籍している多数の外国人選手も選ばれています。

今回は【2019プレミア12】NPB外国人選手一覧まとめ!注目選手や各国順位を予想!と題して

  • 【2019プレミア12】NPB外国人選手一覧
  • 【2019プレミア12】NPB外国人注目選手
  • 【2019プレミア12】各国順位の予想

などについて紹介します。

スポンサーリンク

【2019プレミア12】NPB外国人選手一覧

今回、参加するWBSC世界ランキングの上位12カ国は

  1. 日本
  2. アメリカ
  3. 韓国
  4. チャイニーズ・タイペイ
  5. キューバ
  6. メキシコ
  7. オーストラリア
  8. オランダ
  9. ベネゼーラ
  10. カナダ
  11. プエルトリコ
  12. ドミニカ

の12カ国です。

ランキングの順番で掲載しています、日本はランキング1位です!

それでは、NPB在籍の各国代表選手を見て行きましょう。

アメリカ代表

NPBからは1名選出されました。

  • ブランドン・ディグソン【オリックス】<投手>

ディグソン投手は最速152km/hのフォーシーム・ツーシームを投げ、低い軌道で大きく縦に曲がるナックルカーブを決め球にバッタバッタと三振を取っていくスタイルです。

 

韓国代表

今回の選出選手はいませんが

元ヤクルトの河 載勲(ハ・ジェフン)<外野手兼・投手>

中日で活躍した李鍾範(リ・ジョンボム)氏の息子の李政厚(イ・ジョンフ)<外野手>

が選出されています。

 

チャイニーズ・タイペイ代表

NPBからは4名の選手が選出されました!

うち3名が投手で速球派ばかりです。

  • 王柏融(ワン・ボーロン)【日ハム】<外野手>
  • 陳冠宇(チェン・グァンユウ)【ロッテ】<投手>
  • 張奕(ちょう やく)【オリックス】<投手>
  • 宋家豪(ソン・チャーホウ)【楽天】<投手>

チェン・グァンユウ選手は台湾がスーパー・ラウンドに進出すれば、ロッテの本拠地である「ZOZOマリンスタジアム」で試合が行われ、投球する可能性があります。

ファンはたまりませんね!

追記:10/25

肘の違和感で宋家豪投手が辞退しました、残念ですね。

キューバ

NPBからはなんと6名の選手が選出されました!

  • アルフレド・デスパイネ【ソフトバンク】<外野手>
  • ジュリスベル・グラシアル【ソフトバンク】<内・外野手>
  • リバン・モイネロ【ソフトバンク】<投手>
  • オスカー・ルイス・コラス【ソフトバンク】<投手兼・外野手>
  • アリエル・マルティネス【中日】<捕手>
  • ライデル・マルティネス【中日】<投手>

メキシコ

メキシコ代表にNPBから2名が選出されました。

  • クリスチャン・ビヤヌエバ【巨人】<内野手>
  • エフレン・ナバーロ【阪神】<内野手>

元中日・オリックスに所属していたマット・クラーク<内野手>も選出されています。

オーストラリア

NPBからの選出はありません。

そもそもNPBにオーストラリアの選手はいません。

昔でいうと「ジェフ・ウィリアムス」などがいましたね。

オランダ

オランダ代表メンバー28人の中にNPBからの選出はありません。

前回選出のウラディミール・バレンティン外野手(ヤクルト)は残念ながら選ばれませんでした。

監督には前回大会に引き続き、現役時代にロッテ・ヤクルトでプレーをした「ヘンスリー・ミューレン」氏が務めます。

ベネゼーラ

今回の選出選手はいませんが、

元ヤクルトのカルロス・リベロ内野手と元広島のソコロビッチ投手が選ばれました。

カナダ

NPBからは1名選出されました。

  • スコット・マシソン【巨人】<投手>

あと、元日本ハムのダスティン・モルケン投手、元ヤクルトのクリス・ラルー投手が選出されました。

 

プエルトリコ

NPBからの選出はありませんでしたが

元西武のミゲル・メヒア投手、元ヤクルトのオーランド・ロマン投手が選ばれています。

 

ドミニカ

ドミニカ代表28人の中にNPBからは1名選出です。

  • エンニー・ロメロ【中日】<投手>

他に巨人で2年間プレーし、1日に戦力外となったサムエル・アダメス投手も選ばれています。

【2019プレミア12】NPB外国人注目選手

今回、沢山の助っ人外国人選手がそれぞれの母国代表として選ばれています。

どの選手もスゴイ選手ばかりですが、その中でも私は2人の選手を注目しています。

キューバ代表の「アルフレド・デスパイネ」選手

チャイニーズ・タイペイ代表の「陳冠宇(チェン・グァンユウ)」選手です。

「アルフレド・デスパイネ」選手

2015年の第1回大会にも出場し活躍しました。

前大会でキューバは残念ながら準々決勝で韓国に敗れてしました。

全試合を通じ爆発的な打撃がつながらなかった印象があります。

デスパイネ選手の2019年NPBでの成績は打率.259成績でしたが、本塁打が36本と両リーグあわせて4位の成績でした。

キューバ伝統の怪物打線を復活させるべくディスパイネ選手が起爆剤となり、ホームランを量産するとチームがのってくると思います。

オープニング・グランドでは同じ組に韓国・オーストラリアの強豪国がいますがディスパイネ選手のホームランで予選突破して欲しいです。

「陳冠宇(チェン・グァンユウ)」選手

チェン・グァンユウ選手は台湾代表で唯一の左投げの投手です。

スリークォーターから最速150km/hのストレートを投げ、カーブ・スライダー・シュート・フォーク・チェンジアップと多彩の変化球を投げ、打たせてアウトを取るスタイルです。

2019年は44試合に登板し、防御率3.63の成績でした。

台湾代表がスーパーラウンドに進出すると、ZOZOマリンスタジアムでの試合があります。

ZOZOマリンスタジアムは千葉ロッテの本拠地なので、間違いなくロッテファンの観客が多数観に行くと思います。

チェン・グァンユウ選手は台湾代表の洪一中監督には「中継ぎでの登板」を志願しました。

インタビューでチェン・グァンユウ選手は

「大事なところを任されると思う。しっかり準備して(前回大会の)4年前より成長したところを見せたい」

引用:yahooニュース

と意気込んでいます。

スーパーラウンドに進出し、ZOZOマリンスタジアムで投げるチェン・グァンユウ選手を見たいですね!

【2019プレミア12】各国順位の予想

各国の順位予想をしてみました。

あくまでも私の主観で予想していますので温かい目でご覧下さい。

「オープニング・グランド」の各グループの上位2チームが「スーパー・ラウンド」に進出します。

「グループA」はオランダが活躍しそうですが、メキシコの打線の方が分があります。

また「グループB」はバランス重視でチームを組んだ「日本」「台湾」が間違いなく上がって来るでしょう。

「グループC」は「韓国」は全勝であがると予想しますが、打線に火が付けばひょっとすると「キューバ」が1位通過するかもしれません。

「スーパー・ラウンド」では「日本」「韓国」が上位となり、投手の安定度で「アメリカ」「台湾」が3位決定戦に上がると予想します。

「ファイナル」では期待の意味もこめて「日本」が優勝! 3位決定戦では 投手戦で「台湾」が勝つのでは!と予想しました。

私の予想を参考に皆さんも予想してみてください!

まとめ

今回は

【2019プレミア12】NPB外国人選手一覧まとめ!注目選手や各国順位を予想!と題して

  • 【2019プレミア12】NPB外国人選手一覧
  • 【2019プレミア12】NPB外国人注目選手
  • 【2019プレミア12】各国順位の予想

などについて紹介しました。

第2回目の開催になる2019年大会は、東京2020オリンピック予選も兼ねていて、開催国である日本を除く「アジア・オセアニア」の最上位国と「北中南米最」上位国の2ヶ国が出場権を獲得する、とても大切な大会です。

2015年の第1回大会は、韓国が優勝しましたが、今回は是非、日本が勝利し稲葉監督が胴上げで宙を舞う姿を見たいものですね!!

皆で日本を応援しましょう!

最後までご覧頂きありがとうございました。

プレミア12についてはこちらでも紹介してます↓

スポンサーリンク

コメント

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました